United Hebrew Center
連合したヘブライ語のセンター

 

http://www.unitedhebrewcenter.org/

 

Hebrew

ヘブライ語

ヘブライ語(????????『Ivrit)、アフリカ‐アジア語族の言語族のセム族の言語です。それがイスラエルで700万人以上話されて、世界中のユダヤ人のコミュニティで、祈りまたは勉強のために使われます。イスラエルでは、アラビア語とヘブライ語が公用語であるけれども、それは大部分の人口によって話されます。今日1000人足らずのサマリア人が残るけれども、ヘブライ語はサマリア人による母国語としても話されます。外国語として、それはユダヤ教とイスラエルのユダヤ人と学生によって大部分は勉強されます。そして、考古学者と言語学者が中東とその文明で、そして、神学者によって専門とします。
現代の語「ヘブライ人」は、「渡るために」順番に根本の「『abar」()意味に基づく語「Ibriy」に由来します。関連した名前エベルは10:21に創世記で起こって、「横断する人」を意味します。聖書では「ヘブライ語」がYehudith()と呼ばれていることユダ(イェフダ)が引用時の生き残っている王国であったので、8世紀後半(36、2、Kings 18である)。
Tanakh(ヘブライ語の聖書)の芯は古典交響曲ヘブライ語で書かれます、そして、その現在の形の多くは特に学者が、バビロニアの亡命の時間ごろ、6世紀のBCEのまわりで活躍したと思っている聖書のヘブライ人の方言です。この理由から、ヘブライ語はLeshon HaKodeshとしてユダヤ人によって言及されました(?????)「Holy Language」(古代から)。
言語として、ヘブライ語は言語のカナン人グループに属します。フェニキア語(レバノン)がノーザンカナン人である間、ヘブライ語(アラビア語)とモアブ語(ヨルダン)は南部地方のカナン人です。カナン人は、アラム語とより小さい範囲でサウス本部アラビア語に密接に関連があります。他のカナン人言語と方言が絶滅したようになったのに対して、ヘブライ語は生き残りました。ヘブライ語は、10世紀のBCEからバビロニアの亡命へのカナンの話し言葉として全盛でした。

Hebrew (????????, ‘Ivrit) is a Semitic language of the Afro-Asiatic language family. It is spoken by more than seven million people in Israel and used for prayer or study in Jewish communities around the world. In Israel, it is spoken by the majority of the population, though both Arabic and Hebrew are official languages. Hebrew is also spoken as a mother tongue by the Samaritans, though today fewer than a thousand Samaritans remain. As a foreign language it is studied mostly by Jews and students of Judaism and Israel, archaeologists and linguists specializing in the Middle East and its civilizations and by theologians.
The modern word "Hebrew" is derived from the word "Ibriy" which in turn is based upon the root "`abar" (????) meaning "to cross over". The related name Eber occurs in Genesis 10:21 and means "the one who traverses". In the Bible "Hebrew" is called Yehudith (??????) because Judah (Yehuda) was the surviving kingdom at the time of the quotation, late 8th century (Is 36, 2 Kings 18).
The core of the Tanakh (the Hebrew Bible) is written in Classical Hebrew, and much of its present form is specifically the dialect of Biblical Hebrew that scholars believe flourished around the 6th century BCE, around the time of the Babylonian exile. For this reason, Hebrew has been referred to by Jews as Leshon HaKodesh (???? ?????), "The Holy Language", since ancient times.
As a language, Hebrew belongs to the Canaanite group of languages. Hebrew (Arabic) and Moabite (Jordan) are Southern Canaanite while Phoenician (Lebanon) is Northern Canaanite. Canaanite is closely related to Aramaic and to a lesser extent South-Central Arabic. Whereas other Canaanite languages and dialects have become extinct, Hebrew has survived. Hebrew flourished as a spoken language in Canaan from the 10th century BCE until the Babylonian exile.

chumash

チュマシュ語は、モーゼ(別名モーセの五書または律法)のFive Booksのヘブライ語の名前のうちの1つです。語は、5(chamesh)に対するヘブライ語の語が語源です。より正式なことばは「Chamishah Chumshei律法です。」、語「チュマシュ語」はchomeshの読み違いであるかもしれません。そして、「5分の1」を意味します。そして、5冊の本のいずれか一つについて触れます:ヘブライ語として????母音サインなしはそうすると、どちらの方法ででも読まれることができました。それは、chumashim/chumshei(それは、実際chomeshの複数です)の背中を作られた単数と考えられていることもできました。筆記の実行の初めに、羊皮紙スクロールに関して全てのモーセの五書を含んで、Sefer律法と5冊の本のうちの1冊のコピーの区別が単独でありました。そして、それは通常、写本形式(現代の本のような)で結びつけられて、清浄のより小さい程度を持ちました。学期chomeshは、厳しくこれらのうちの1つに申し込みます。このように、Chomesh Bereshitは、厳しくチュマシュ語として読み誤られなかった「第5創世記」にBereshitを定めて、「モーセの五書を意味しながら通訳しました:創世記」、まるで「チュマシュ語」が「Bereshit」が法律ものはコード化するsubfolder.Inであった親ディレクトリであるように、マイモニデスのMishneh律法のような、Sefer律法(たとえばそれが羊皮紙スクロールでないか、母音サインを含まないから)に対する厳しい規則に従わないモーセの五書のどんなコピーでも個々の本(chomesh)のコピーと同じ清浄だけを持つことは置かれます。このように、語chomesh(またはchumash)は、Sefer律法以外のモーセの五書のどんなコピーの延長した感覚でもあるようになりました。

初めての引越しで何かと不安。引越し業者にお願いしたいけど料金とか高そうと思っている方は無料で一括見積もりができるこちらのサービスで引越し費用の相場がわかります。

Chumash is one of the Hebrew names for the Five Books of Moses, also known as the Pentateuch or Torah. The word comes from the Hebrew word for five, chamesh. A more formal term is "Chamishah Chumshei Torah." The word "Chumash" may be a misreading of chomesh, meaning "one-fifth", alluding to any one of the five books: as the Hebrew ???? has no vowel signs, it could be read either way. It could also be regarded as a back-formed singular of chumashim/chumshei (which is in fact the plural of chomesh). In early scribal practice there was a distinction between a Sefer Torah, containing the entire Pentateuch on a parchment scroll, and a copy of one of the five books on its own, which was generally bound in codex form, like a modern book, and had a lesser degree of sanctity. The term chomesh strictly applies to one of these. Thus, Chomesh Bereshit strictly means "the Genesis fifth", but was misread as Chumash, Bereshit and interpreted as meaning "The Pentateuch: Genesis", as if "Chumash" were the parent directory of which "Bereshit" was a subfolder.In the legal codes, such as Maimonides' Mishneh Torah, it is laid down that any copy of the Pentateuch which does not comply with the strict rules for a Sefer Torah, for example because it is not a parchment scroll or contains vowel signs, has only the same sanctity as a copy of an individual book (chomesh). In this way, the word chomesh (or chumash) came to have the extended sense of any copy of the Pentateuch other than a Sefer Torah.

from wikipedia